« そろそろイケメンという言葉も使い古された訳だが。 | Main | TOTとサマータイム »

宝くじが当たった時の使い道、に隠されているもの。

よく、「宝くじで1億当たったら何に使う~?」という質問があります。
この質問についてちょっと考えてみてください。
ついでに、「1億」の部分が、「3億」「1千万」「100万」「10万」だった場合にもどう使うかということを。

で、考えてもらった結果ですが、

使い道には全く興味がありません。興味は、「いくら使う」かというところにあります。

たとえば、「1億当たったらとりあえず1000万はぱーっと使う。残りは貯金」と思った場合、その人がお金を想像できる上限は1000万なのではないかと。
また、子どもの時同じような質問をされて、「10万は誰にあげて、10万は誰にあげて……」って細かく決めていたりしませんでした?これだとたぶん想像の上限は10万円くらいなのです。

心理テストっぽいですが、いろいろ条件もあるでしょうしコンディションや経験によっても変わってくるでしょうから一概に言えるものでもありません。自分で自分を試して納得したり納得しなかったりしてもらえば。

|

« そろそろイケメンという言葉も使い古された訳だが。 | Main | TOTとサマータイム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/1331522

Listed below are links to weblogs that reference 宝くじが当たった時の使い道、に隠されているもの。:

« そろそろイケメンという言葉も使い古された訳だが。 | Main | TOTとサマータイム »