« 100日目 | Main | そういえば、グルージャ盛岡 »

つぶれるかもつぶれないかもの岩手競馬

というわけで、赤字が出てたまんないのでいつやめるか、という話がいつも出ている岩手競馬。そんな岩手競馬のテコ入れと称して、オーロパークこと盛岡競馬場に見物に行ってきましたよ。まさにやじうまです。

ついたのはメインレースの前の前、第8レースの投票締め切りのあたり。いまさら500円の競馬新聞を買うわけにもいかないので、入場口でもらえる番組表と、なぜか同行者が持ってきていた岩手日報の予想を片手に、1レース総計1000円のせこい勝負に挑みます。なお、ここで競馬が行われるときは入場料200円を取られるわけですが、1名はなぜか指定席の優待券を持っていたので、ここで金を払ったのは1名分だけ。さすがに1人1600円取られる指定席に2レース分だけ入るわけにも行かず優待券の無駄遣いです。

正直、騎手は菅原勲くらいしかわかりません。馬えもんには新人とか注目のジョッキーが出てくるので、なんか聞いたことのあるような騎手が居ないこともないのですがもう何がなにやら。売り場にあるオッズ表と名前をにらめっこでとりあえず枠番中心に買ってみたり。

飲み物はお茶なら無料なのでそれを飲みつつ。
場内は非常に清潔です。なにせもう清掃係の人がしつこいくらいに掃除してますし。まあ、禁煙の場所でもたばこを吸っている人がいるのが若干気になりましたがまあいいや。

落ち着いてまあ見てみると、人の集まり具合はそんなに悪くないのです。といっても大きすぎる盛岡競馬場すべてを埋めるほどではないのですが、そこいらのコンサートと同じくらいには集まっているようです。もしかすると常設の施設の中では岩手でも1,2を争えるくらいに集まっているような気がします。
そういえば、去年と一昨年を比べると、集客数に関してはそれほど減っていないどころか、横ばい以上だったと聞いたような気がします。赤字の理由はひとえにこの大きすぎる競馬場施設の建設費に起因するとかしないとか。

まあ、今回ここで自分が使った金を考えても、儲けは薄そうです。正直、2レースで2000円全て損しても、競馬場関係に落ちる金は合計で500円。落ちたのは入場料を含めて1000円くらいか。

1時間あたり1名あたり500~1000円程度、というのが娯楽の基準だ、という私の経験則から考えると、そこそこ金額的に普通の娯楽ではないのかな、という気がしないでもありませんが、やっぱりパチンコには負けるのかな?

娯楽にかかる金額の法則については、気が向いたら。

|

« 100日目 | Main | そういえば、グルージャ盛岡 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/1696394

Listed below are links to weblogs that reference つぶれるかもつぶれないかもの岩手競馬:

« 100日目 | Main | そういえば、グルージャ盛岡 »