« 無停電電源の持ち時間 | Main | 両国予備校が閉校するの? »

盛岡「ルミエール1」で、「カンフーハッスル」

少林サッカー」を作った周星馳による新作です、カンフーハッスルというのは。
ストーリーとかそのほかいろんな情報を聞いていると、かなり賛否両論な内容らしいのですが、やはり見に行かなければいけないのかなと思って見にいってきました。

以下、ネタバレがあるかも。

なんとなく、スタイリッシュとかその辺を狙っているのかなあと思いつつ、そこそこ見られるオープニング。その後のカンフーアクションそのものはすごく楽しめるのですが。シャウ・シンチー自身が演じる主人公に全く感情移入が出来ないのですなあ。

展開はわかりやすいの。強さの不等号をわかりやすくするために、
警察<街のギャング<斧頭会<長屋の3人<殺し屋<大家夫婦<最強の殺し屋<主人公
という勝ち抜き戦形式のストーリーにしているから強さのインフレが普通に起こっているわけで。

ただ、これが逆に、「最後の最後まで強い主人公が何もしない」になっちゃうので、フラストレーションたまっちゃって。

アクションはいいんだけどな。特に最初の長屋の3人が闘うところ。ここだけみたらそれでじゅうぶんかも。

|

« 無停電電源の持ち時間 | Main | 両国予備校が閉校するの? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/2788632

Listed below are links to weblogs that reference 盛岡「ルミエール1」で、「カンフーハッスル」:

« 無停電電源の持ち時間 | Main | 両国予備校が閉校するの? »