« 試験が終わる | Main | もちつもたれつ »

マジックのネタばらし

昨日の話。
結局、何のかんの言いつつ書店巡りをする自分。探していた雑誌も見つかり、まあ良い感じ。

ついでにいろいろ見て回る。さすが仙台というかなんというか。楽天関連の書籍が少々ある。でもまああんまり盛り上がってないっていったら盛り上がってないな。

ま、そういう中で見つけたのが、「マギーの超特撰小ネタ手品32」という手品の本。

マギー、っつうのは、マギー司郎のこと。マギー審司の師匠、っていう話なしでどの辺まで有名なのかな。まあ笑点とか見ている人にはおなじみだとは思うけど。師弟揃って、もうなんつうか脱力系のネタバレバレ(むしろ自らばらすことも多い)な手品でさんざ笑わせておいて、最後に一応一つ手品をキメることがおなじみの芸な訳ですが。

この本、その前半部分の手品がこれでもかって言うほど(いや、全部で32か)載っている本な訳で。さらにあの芸そのままの口調で本文も書かれているのでなかなか笑えて、いつの間にか引き込まれていて。で、そのままレジに持っていくことになってしまったりして。読みながら帰ってきたんですけど。

で、思ったこと。
タネをばらせない手品って、どんなもんなんだろうなあと。

実際、振り込め詐欺の高度なやつなんかは、読心術とかフォースとかのごく初歩的なものが使われていたりするわけで、手品やる側も「エンターテインメントなんだからネタばらしはすべきでない」って逃げている場合じゃないのかもしれないなあと思ったりして。

麻雀の一般人気復活のかげには、6枚切りの徹底とか先ヅモの禁止とかいったイカサマ防止のマナー徹底があるわけだし。タネも仕掛けもあるんですよ、と言っておかないと大変なことになるんじゃないかな。まだそこまでは言ってないけど。

|

« 試験が終わる | Main | もちつもたれつ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/2795377

Listed below are links to weblogs that reference マジックのネタばらし:

« 試験が終わる | Main | もちつもたれつ »