« W-ZERO3にさわった | Main | 日付を間違える。 »

盛岡「中劇」で「ALWAYS 三丁目の夕日」

知り合いが「面白い」というので見てきました。原作はマンガで、まあ特徴的な絵が特徴の懐古的な作品です。こちらの映画は実写ですけど、やっぱり懐古的な作品であることには代わりがなく。

そういえば、メイキングがInterBEEのどこかで流れていたような気もしたのですが、そういうのも含めて。

以下、ネタバレが含まれるおそれがあります。

元の作品は昭和30年代を舞台にした短編の連作で(なんかそれが30年以上続いているんだって?)、30年続いているもの、として考えれば縮めるのが大変ですが、短編となると今度は延ばすのが大変。どっちにせよ大変ななかで、一続きのストーリーを「東京タワー」というアイテムに絡めて語るというのはいい考えでしょう。

東京タワー、というのは他の人の話によると技術が失われて日本ではもう二度と建てることができない建造物なんだそうで、今に繋がる懐かしいアイテム的な立場を超えてシンボルとして使えるという点でも良かったかと。

さらに、この映画、すごいのは遠景はほとんどCGということで。日本ではもう二度と作ることができない風景、という点でも何かを象徴しているのかもしれないです。この辺のCG、ジュブナイルとかリターナーを作ってきた人たちがその次に作ったものですが、今までのロボットロボットした(別に製作の社名にかけてるわけじゃない)CGよりも、こういうCGのほうが使われていて違和感がないのは驚きでした。冒頭、機関車がトラス型鉄橋を走るシーンが、ミニチュアとの合成なんてパンフレットで読んでもわからないですよ。

映画の内容そのものはまあ懐かしさ全開ということにはなっていますが、考えてみるとこれが昭和30年代として懐かしいのは東京の人だけのような気がしないわけでもなく、地方にはこれが遅れてきたんではないかと考えると昭和40年近くまで懐かしい幅は広がるのかもしれないとも思い。そういや結局自分はまだまだ似たような生活をしているな、と考えたりもしました。全くなくなっているわけじゃあ、ない、と。

短編はまだまだあるので、続編が作れないこともないのでしょうが、まあこれはこれで終わりにしておいた方がよいような気がします。30年代っぽいものとして、三種の神器を始め、路面電車とか集団就職とか、そういうものを詰め込みすぎたので、次は出がらしになっちゃうのが見えてちょっといやです。というかストーリー的には10年くらい前のNHKドラマにはありがちな内容で、単にあるあるネタ的懐かしさを楽しむものだったし、今回映画館で見たときの周囲からもそんな感じの声がもれてたし。

それにしてもでかすぎるな東京タワー、と思ったらこの映画が舞台として想定しているのは港区なんだそうで、まあそれならそれでわからなくもないが最近港区から見える東京タワーといえば六本木ヒルズの展望台から見るまるで見下ろすかのような東京タワーですから、それはそれでまた時代が変わったものだなと思ったりしつつ。

|

« W-ZERO3にさわった | Main | 日付を間違える。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/7594670

Listed below are links to weblogs that reference 盛岡「中劇」で「ALWAYS 三丁目の夕日」:

« W-ZERO3にさわった | Main | 日付を間違える。 »