« 間に合わなかった。 | Main | ほとんど寝ないで観光地巡り。 »

盛岡「フォーラム2」で「間宮兄弟」

つーわけで、昨日見られなかった映画を、なんとか頑張って見に来ましたよ。
そこまでして見る映画かどうかはわからないけど、見るつもりで見られないのはいやだし。
そういえば映画の日にも見るかどうかまよった、この映画「間宮兄弟」。

単純に、「予告編でモノポリーが見えた」というだけで見に来たわけですが。

以下、ネタバレ含むかな?バレるほどのネタないと思うけど。あと原作は未見です。

間宮兄弟は兄がビールの開発を、弟が用務員をやってる独身同士の兄弟で、女っけはない。少し広めのマンションに2人暮らししていて、何でだか知らないけれども、そこに女性を呼ぶことを思いついた。

どちらかというと積極的なのが弟で、呼ぶ女性2人も結果として弟が呼んだようなもの。弟と同じ小学校で働く先生(依子先生)と、行きつけのレンタルビデオ店のバイトの店員(直美)。兄はスパイスの調合をしてカレーを作る。

このパーティーの企画そのものが、なんかそれっぽくていい。モノポリーが出てくるのはこの直後で、まあそこかしこのあらすじには「ボードゲームも好評で」なんて書かれているそれがモノポリー。よく見ると、部屋にはほかにもボードゲームがあるのがわかる。といっても一番目立つのが「ツイスター」なんで、だいたいどの辺のゲームをするのかは推して知るべし、なのか。

実際直美が妹(夕美)とその彼氏にパーティーの報告をするときに出てくるゲームも、モノポリーのほかには「ダイヤモンドゲーム」に「人生ゲーム」と、ラインナップは微妙。その彼氏(玉木)が即反応して例に出した「スコットランドヤード」のほうがまだいいんじゃないかとおもうが、たぶん兄弟の家にはなかったのだろう。その辺がほんと微妙な感じでいい。

もちろんというかなんというか、依子先生も直美も、別につきあっている男はいるわけで、それなのにパーティーに出るのは今の関係がなんとなくうまくいっていないから。
実際、その後夕美と玉木を加えて行われた2度目の浴衣パーティーを経て、ここでそこそこ決定的なチャンスが来る。
それにも関わらず、兄も弟も、パスが来たのに気がつかず別の方向に走り出して、結局チャンスをモノに出来ずに終わってしまう。

この映画、観客は神の視点で見ているので、あーここで行けばうまくいくのに、という気持ちにならないこともない。
ただ、たぶんそこでうまく点を入れても、結局力の差で逆転負けしてしまうんだろう。と、なると、この時点で負けていた方がダメージが少ないのかもしれない。この後も、夕美と弟に何か起こるかもしれないような雰囲気を映画では少しだけ表現していたけれども、実は玉木はこの兄弟より確実にオタクだよ。さて、どうなるだろうねえ。

|

« 間に合わなかった。 | Main | ほとんど寝ないで観光地巡り。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/11074378

Listed below are links to weblogs that reference 盛岡「フォーラム2」で「間宮兄弟」:

« 間に合わなかった。 | Main | ほとんど寝ないで観光地巡り。 »