« ブームだって言うんで、「涼宮ハルヒの憂鬱」を読んでみた。 | Main | 駅前でうどん定食、なんだけど。 »

盛岡「名劇」で「かもめ食堂」

既におとといの話ですが。映画の日に見た映画、2本目。
フィンランドで日本食の食堂を開いた日本人女性の話、ってことで、実話をもとにしたフィクションか何かかな、と思ったのですが、別にそういうこともなく、実際のところ原作とされている群ようこの話も、この映画のために書き下ろしたものなのだとか。

間宮兄弟とどっちを見ようか迷って、こっちを見ることにしたりしてました。

以下、ネタバレを含むかな?含むほどのネタがある映画でもなかったような気もしましたが。

日本人のキャストに小林聡美ともたいまさこが出てくる時点で、何か別のドラマを連想してしまいがちなのですが、あれを思い出しそうなそうでなさそうなギリギリのバランスで進んでいく映画でした。別に部屋一つで話が進むわけでもないし。

北欧が舞台で、音楽も少なめで、自然光っぽい光の使い方をしているので「純潔の誓い」でも守って製作しているのかと思ったんですが、別にそういうわけでもないようで。まあ基本的には静かな映画です。

ただ、もうね、もたいまさこが出てくるだけで、立ってるだけで笑いが取れている、という、そういう映画でして。いい映画だとは思うんですが、もたいまさこ、美味しすぎ。

|

« ブームだって言うんで、「涼宮ハルヒの憂鬱」を読んでみた。 | Main | 駅前でうどん定食、なんだけど。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/10789023

Listed below are links to weblogs that reference 盛岡「名劇」で「かもめ食堂」:

« ブームだって言うんで、「涼宮ハルヒの憂鬱」を読んでみた。 | Main | 駅前でうどん定食、なんだけど。 »