« あけましたが。 | Main | 新年最初の新年会。 »

盛岡「フォーラム」で「パプリカ」

様々な手段を駆使して割引を実現してみよう状態にあるフォーラムで、2本ほど新年に映画を見ることに。しかも2本ともアニメ。
1本目は「パプリカ」。話題になっているのかなっていないのかはよく分からないのですけど、まあ良い作品だよ、という話はそれなりに聞こえてくるので。

でも、前の前に見た「千年女優」があんまり相性のいい映画でなかったので、あんまり期待してはいなかったりしたのですが。

以下ネタバレ込みで。

ていうか、良かったです。これ。
これ、原作が筒井康隆なんですね。自分、それほど筒井康隆の作品を見ているわけではないのですが、途中で彼の作品の作中人物の気が狂ったあたりの描写を思い起こしてしまうくらいの雰囲気を出していました。パンフレットとか解説とか原作をちらっと立ち読みした限りでは、原作のテイストとはかなり違うらしいのですが、むしろ筒井っぽい。と書くとツツイストに怒られるかしら。まあでも思い起こしたのは確かで。

主人公(や、その他の人物)が途中でコスプレするのも、「千年女優」では若干唐突なイメージがありましたが、この作品では夢の中の出来事、ということでむしろ自然です。話によると今敏監督は今回若干自分のやりたいことを押さえたらしいのですが、そのせいなのかもしれません。

主人公のパプリカと千葉敦子は実際には同一人物ゆえ同じ声優が二役を演じているのですが、これもかなり演じ分けられており。逆に、幼なじみでこの話の中心に来る機械を開発した研究者、時田浩作の声がまんまアムロ・レイだったのですが、これがメカオタクというイメージでむしろ重なったのが愉快でした。

今回は後ろの方を選んだのですが、フォーラムの大きい館ではあまり後ろだとスクリーンを見下ろす感じになってしまうのでもう少し前の方でも良かったかもしれない。羮に懲りて膾を吹く感じでした。

|

« あけましたが。 | Main | 新年最初の新年会。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/13329216

Listed below are links to weblogs that reference 盛岡「フォーラム」で「パプリカ」:

« あけましたが。 | Main | 新年最初の新年会。 »