« 二十四節気と日本の気候のずれ | Main | 本を探しに行ってみる。 »

カラオケマイクを分解してみる。

この間頼まれたのが「なんとなく音が出なくなったり電源が切れたりするカラオケマイクの修理」というもの。

こういうのの場合、コネクタ部分の半田ランド近辺がはがれかけているか、ケーブルの方が断線しかけているか、そのどちらかなわけだけど。

ケーブルの断線は前にも書いたとおり、故障だとわかっても直すのが難しいので、まずはコネクタ部分の半田を疑うことにしてみる。
とはいうものの、このマイクどうやって開けるのかな?とひねくり回していると、マイクの頭の部分がねじこみ式になっていることが判明。お、これはありがたい。
外してみると、残りの本体が二つに分かれそうな雰囲気。少なくとも接着剤で止めているわけではなさそう。

電池蓋を開けると、電池が液漏れして接触部分がさび付いている。軽く処理してよく見てみると、ボックスの端の方にねじがあるのが見えた。これを2個外すと、止めるものがなくなって本体が二つに分かれた。お、基板が見える。

基板そのものもねじ止め。4つほど小さいねじを外すと本体から基板が外れた。コネクタ部分を見てみるが、別に問題はなさそう。

となると、問題はケーブルなのかな?試してみてもいいけどちょっと面倒くさそうだなあ。

|

« 二十四節気と日本の気候のずれ | Main | 本を探しに行ってみる。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/13656345

Listed below are links to weblogs that reference カラオケマイクを分解してみる。:

« 二十四節気と日本の気候のずれ | Main | 本を探しに行ってみる。 »