« 盛岡「盛岡東宝」で「バブルへGO」 | Main | コネクタをどうやって入手するか困る。 »

「そば屋寄席」で小三治を聞く。

ここのところ、年一回ほぼ必ず来る柳家小三治を聞きに蕎麦屋寄席へ。

これ、東家が主催しているホール寄席で、まあだいたい1年おきで蕎麦屋店内開催とホール開催が交互に来る。
今回は「プラザおでって」で開催となったほう。出来れば東家の座敷で聞いた方が雰囲気があるんだけど、あれはあれで座布団の都合とかけっこうつらいものがあるのでどっちもどっちか。

ちなみに、今回は当日有効のそば割引券がついてきます。若干の混乱はあったけどまあ大丈夫かな。

さて、演者と演目ですが。

まず柳亭こみち。初めて見ました。舞台映え、というか高座映えのする人ですね。ネタは「やかん」。
次からはまあ毎年のセミレギュラーメンバーかな。
柳家はん治「鯛」。これは前池袋で聞いたようなやつですが、何回聞いても面白い。
柳家〆治「尻餅」。正月らしいというか。ん?今は正月でいいのかな。まあいいか。
柳家小里ん「黄金の大黒」。これは前半部分まででした。
そのあと柳家さん八「辰巳の辻占」ときて、トリは小三治「芝浜」。
みないい感じでした。

さて、前にも書きましたが、この落語には本日限り有効のそば割引券がついてきます。
これを使うためにみんな東家本店に行ったものだから、なんだか大混雑に。
こちらかなりのんびり行ったら席がいっぱいで、2階に上がってそばを頼んだら、思わぬ偶然があったりして。

|

« 盛岡「盛岡東宝」で「バブルへGO」 | Main | コネクタをどうやって入手するか困る。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/13972703

Listed below are links to weblogs that reference 「そば屋寄席」で小三治を聞く。:

« 盛岡「盛岡東宝」で「バブルへGO」 | Main | コネクタをどうやって入手するか困る。 »