« QMA4で見事にはまる。 | Main | 盛岡「フォーラム」で「あるいは裏切りという名の犬」 »

盛岡「フォーラム」で「楽日」

そういえば、先月作ったフォーラムの無料券、使わないままになっていたので、ということで映画を見ようと思ったのです。
実はラインナップが今の季節にしては微妙に微妙なんですが、意外と掘り出し物もあるのかな、と思いつつ。
やばいにおいがしつつ「意外と見られるかもしれない」と思ったりもするロッキーの最終作もまた興味深いのですが、今回は「楽日」。台湾の監督が作った作品なんだそうですが。

結論から言いますと、非常に眠かった。途中寝てしまったような気もしないでもないのですけど、それでもストーリーにつながりがなかったようには思えません。

閉館する映画館の最後の一日、ほとんど客の入っていない映画館の最後の上映に、その客を撮ったり、従業員を撮ったりする、という。ニューシネマパラダイスの後半トトが帰ってきてからの部分を2時間近くに延ばして、ただしそこにキスシーンを入れない、といえば良いのかしら。古い映画館に思い入れのある方にはたぶん良い映画で、そういうほめ方をされていることもおおいようで。

でもまあ、「ラスト近くの無人の客席を延々と長回ししたシーンが圧巻」と褒められている映画がどういう性質の映画であるかは見る前に察しておくべきでした。前に「爆破されて天高く跳ね上がるドラム缶は一見の価値有り」と言われた某映画はそれで見に行くのやめたんだから。

この監督の映画「西瓜」は台湾でヒットしたそうで、それを明日見るかどうかの試しに今回これを見たんですが、もしかして試しとして使ってはいけない映画だったかもしれません。

|

« QMA4で見事にはまる。 | Main | 盛岡「フォーラム」で「あるいは裏切りという名の犬」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/14838938

Listed below are links to weblogs that reference 盛岡「フォーラム」で「楽日」:

« QMA4で見事にはまる。 | Main | 盛岡「フォーラム」で「あるいは裏切りという名の犬」 »