« 盛岡「フォーラム」で「楽日」 | Main | 「ベルニーニ・ミステリー」あったよ。 »

盛岡「フォーラム」で「あるいは裏切りという名の犬」

フォーラムまで来ると、もう一本映画を見ることが多い。「楽日」ですっかりうちひしがれてしまったので今回はもう1本映画を見ておきたい。でもこういう状態でどの映画を見ようか、と思っているうちにロッキーは上映が始まってしまって、もう1本の候補だった「あるいは裏切りという名の犬」を見ることに。

指定席になって、このごろフォーラムは座席表を見せてくれるようになった。ただ問題は座席位置というより、スクリーンとの高さだったりする。ただ、よほど大きいスクリーンでない限り最後部で見ればいいような感じはしてきた。

内容については以下に。かなりひどいネタバレになっているので未見の方は注意。

なんというかこの映画、一応実話を元にしたらしい。といってもストーリーそのものが実話、というわけではなく、核となるシーンの元ネタが実話、という話らしく。でもって監督も元警官だからか、出てきた警官にもモデルがいるらしい(単一の人物をそのまま当てるのではなく、複数の人物を混ぜたり、立場を変えたりはしている)、という話はあとでパンフレットで読んだ。

正直フランスの俳優はよく知らない。よく知らないが主役級の2人の刑事については完全にキャラ立ちしている。第一印象では先に出てきた2枚目風のほうが悪役なのかな、と思いつつ、進行していくうちにもう一人の方もなかなかやばいことをしていく様が興味深い。要するに普段の行動としては最初の方がいろいろまずいこともやっているのだが、権力闘争としては後の方が悪どいことをしているという。これは見ている方にもどちらに肩入れするかがシーン毎に変わっていくところなんじゃないかと。

冒頭のシーンが実は内部犯行、というすぐにわかるシーンの撮り方も独特というか、このやりかたで途中のひどいシーンが最後になって絡んでくる作りは非常に興味深い。まあまさかただのパーティで警官が実弾ぶっ放すとは思わなかったから冒頭ちょっと混乱したけれども。まあそういうことなんだよな。刑事と犯罪者の境目がたぶん非常に曖昧、ということを示したいんだろうなあ、と勝手に想像してみた。

結果的にこの1本で今回は満足だったかな。うん。

|

« 盛岡「フォーラム」で「楽日」 | Main | 「ベルニーニ・ミステリー」あったよ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/14838945

Listed below are links to weblogs that reference 盛岡「フォーラム」で「あるいは裏切りという名の犬」:

« 盛岡「フォーラム」で「楽日」 | Main | 「ベルニーニ・ミステリー」あったよ。 »