« 酒飲んでみたり | Main | 天下一品のしょうが焼き »

ぱんだ食堂でじゃじゃ麺を食べる。

飲み過ぎると翌日になにか麺類が食べたくなるのは、どうもブログを読み返してみると見えてくるらしい。
今回は適当にラーメンでも食べようか、と思っていたのだけど、「どんと晴れ」のじゃじゃ麺騒動を見ていたらなんかじゃじゃ麺が食べたくなった。

せっかくだから、この10年間名前だけは聞いていながら場所を見つけられなくて食べることができなかった「ぱんだ食堂」に行くことにした。今ならなんか行けるような気がしたから。

ぱんだ食堂のじゃじゃ麺を推すファンがそこそこいるのは前から知っていて、でもってその味がパイロンと違う、というのも聞いていた。その辺はたぶん「ぱんだ食堂」でWeb検索すればそこそこ出てくると思うんじゃないかと。

ということで、みたけの養老の滝を目指してドライブ。養老の滝の隣、一見潰れていそうな店が目的地のぱんだ食堂。潰れていないのはその店構えの割には新しめののれんがかかっているのを見ればわかるらしい。

なお、じゃじゃ麺屋では当たり前のことだけど、のれんにある「ラーメン」はここのメニューにはない。まあ他に再度メニューがあるところもあるとは思うんだけど、ここはじゃじゃ麺の普通盛りと大盛りしかない。

頼んで10分ちょっとかかるのも普通の感じ。夕方に入ったので西日が店の中に差し込んで、さらに大丈夫なのかわからない感じになった店内だけど、じゃじゃ麺は美味しかった。確かに風味は違うけどこれはこれでありな感じ。

なんとなく、冷麺食べに"もりしげ"に行くのと、じゃじゃ麺食べに"ぱんだ食堂"に行くのは同じ感覚なのかな、と思わないでもなかった。機会があればまた行きたいところだけど。

|

« 酒飲んでみたり | Main | 天下一品のしょうが焼き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/14974312

Listed below are links to weblogs that reference ぱんだ食堂でじゃじゃ麺を食べる。:

« 酒飲んでみたり | Main | 天下一品のしょうが焼き »