« 百人一首の話をしながら、必殺仕事人2007をだらだら見る。 | Main | CS3が1GB必要なことに気がつく。 »

改めて、必殺仕事人2007

さて、まあもうだいたい見終わってしまったのだけど、一応録画しておいた「必殺仕事人2007」を見ることに。

以下、箇条書き風に。

そう言えば、映画版では中村主水は死んだかもしれないことになっていたよなあ、と。もっとも藤田まこと自身が「お呼びがかかれば『主水は2度死ぬ』とか言って出てくるかもしれませんよ」とパンフレットで書いていたので、出てくること自体にはまあ違和感は少ない。

東山紀之の役どころがかつての主水と同じ形になる、というのは宣言として正しいと思う。いや今後彼を中心に作っていく、と言うのであれば。婿養子で子供なし、という形で踏襲するのもそれはありだろう。かつ、定年後の再雇用、と言う形で中村主水をさらなる閑職に動かすのも設定としてはうまい。ヒガシの殺し方は、昨今の必殺ではあまり見られなかった正面からの大立ち回りで、スペシャルとしては派手で良いけれども、今後もし続けるならどうなんだろう。あ、役名の渡辺小五郎というのがちょっと地味だな、というのも含めて。

松岡昌宏の殺し技が毒殺、というのはかなり思い切ったと思った。たぶん過去に毒殺が主な殺し技の仕事人はいなかったのにはいろいろ理由があるんだろうけど。なんにせよ毒殺というのはどうしても悪人が使う技っぽい、というのは否定しがたいところで。その他自炊マニア、元忍者で抜け忍と言ったところ含め設定はずいぶんキャラ立ちしているけれど、ここまで1人に設定をまとめてしまって今後使えるんだろうか、という疑問はあったり。

大倉忠義演ずるところのからくり職人は今回微妙な立ち回り。殺し技も微妙で、今後うまく使えるのか心配。からくり職人としてより、転職して別の技を使った方が良いような気がする。

これまでの必殺では延髄に針で刺殺、飛び道具(?)の紐で絞殺、怪力で撲殺(とは言えないものも多いが)、と言ったところが多かったが、その辺をいじったのはこれから吉と出るか、凶と出るか。

和久井映見の演技は頑張ってはいたけれど……な感じ。本人が下手、というより、時代劇で微妙な年頃の女性の立場を違和感なく作るのが難しいのかな、とは思うけれど。この辺はなにか追加の設定を入れて違和感を減らしたいところ。

殺しにつながるもともと起きた事件はかなり微妙。個々の悪事が微妙につながっていない印象があった。この辺の事件は別に過去の歴史から持ってくる必要はないのが必殺なのだから、もう少しタイムリーななにかを持ってきてもかまわないと思うのだが、それは今後に期待と言うところだろうか。

|

« 百人一首の話をしながら、必殺仕事人2007をだらだら見る。 | Main | CS3が1GB必要なことに気がつく。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/15826029

Listed below are links to weblogs that reference 改めて、必殺仕事人2007:

« 百人一首の話をしながら、必殺仕事人2007をだらだら見る。 | Main | CS3が1GB必要なことに気がつく。 »