« とうとう接続に成功する。 | Main | ActionScriptをいじってみる。 »

FAIRY TOWER

メールの整理をしていたら、リトルウィングから新しいピンボールゲームのお知らせが来ていたのを知って。
いやまあもう発売されてからずいぶん経っているのは経っているんだけど、これだけピンボールづいていた今だから気がついたことでもあり、ということで早速ダウンロード。ついでに購入も。

何のかんのいってリトルウィングのピンボールはWindows版については全て購入して遊んでいることになる。どれについても当初は微妙な操作性にとまどいつつ、慣れてくるとタイミング等も見えてきてスーパージャックポットを獲得、ということが出来るようになるわけで。今回もまあ最初あまりうまく操作できないのはいろいろと理由はあるとは思う。

とはいうものの今回のボールは挙動がちと激しすぎる。
リターンレーンにくるボールはけっこう勢いがいいのでホールドしにくい。ホールドして落ち着いてから打つ、というのは挙動を安定させるのには良いのだがこれが簡単にできないとなるとランプレーン等を使った守りのピンボールができない、ということになる。JINNI ZEALAあたりはこの辺が出来たような気がするので、これは作り込み、というよりこういう方針なのだろう。
あと、静止したボールを打つ際のフリッパーの弱さといったら、何か恣意的な補正がかかっているのかと思うくらい。これも、あまり止めて打つな、というメッセージのようなものなんだろう。この辺は意識を修正して挑む必要がありそうだ。

台そのものの性質もまた意地が悪い。プランジャーから出たボールが落ちてくる前に、見えないところにあるジェットバンパーで待たされる。ボールセーブ機能が有効になっている間に多少強引なことをしてでも稼いでおこう、という焦りを見抜いているような感じがする。左フリッパーからホールドして打ったボールは白のドロップターゲットを狙ってもギリギリ届かない。クイックマルチボールやオーブの4色同時インストールを活かそうとすると、右のランプレーンの活躍出来る余地がかなり減るが、右のランプレーンはエキストラボールの取得にも関わってくるので使わざるを得なかったり。取りやすいボーナスでとりあえず進めつつ、偶然の力で取りにくいボーナスを取りに行く、というスタイルが結構封じられているような気がする。

結果として通常ステージでの爽快感が若干失われているような気もしないでもないが、タワーマルチボールでのジャックポット獲得がかなり楽な分その辺を補っているようで、その辺のバランス取りはうまいとも感じるわけで。

|

« とうとう接続に成功する。 | Main | ActionScriptをいじってみる。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/17751437

Listed below are links to weblogs that reference FAIRY TOWER:

« とうとう接続に成功する。 | Main | ActionScriptをいじってみる。 »