« 岩手高原でスノーボード | Main | ffmpegの導入に手間取る。 »

Fedora Coreのアップグレードに挑む

今までのLinuxのアップグレードというと、成功する、しないが半々くらいか、やや成功例が少なめな感じだった。
まあ、あるマシンで一度特定のバージョンのディストリビューションのLinuxを入れたら、次はデータだけサルベージして別の機械でリプレースしたほうがいい、みたいな気持ちでいた。

ところが、とあるページでFedora Coreのアップグレード方法を見て、あれ、これは意外と簡単なんじゃ?と思えてきた。

方法は、rpmとyumを先にアップグレードして、reposを最新の物に入れ替えて、アップグレード時にコンフリクトしそうなモノはメモっておいてから全部アンインストール、アップグレード後にそれらはインストールし直す、みたいな感じ。

一部物理デバイスの名前がある関係でうまく行かない部分もあるようだけど、調べてみたら自分のところのシステムは物理デバイスの名前がなかったので、特に調整もなくアップグレードが出来た。

まあ、カーネルは昔から普通にアップグレード出来るんだよな。難しいのはglibcと、PostgreSQLのアップグレード。このあたりを失敗しないようにするのがコツなんだよなあ、と思いつつ。

|

« 岩手高原でスノーボード | Main | ffmpegの導入に手間取る。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/17919227

Listed below are links to weblogs that reference Fedora Coreのアップグレードに挑む:

« 岩手高原でスノーボード | Main | ffmpegの導入に手間取る。 »