« 鮭のホイル焼。 | Main | 盛岡「盛岡東宝」で「銀色のシーズン」 »

ちゃんぴょんピンボールに興味を持つ。

Faily Towerでひさびさのピンボールブーム。過去に出たLittleWingの各ピンボールを再ダウンロードしてみて遊んだりして、挙動の違いを確かめたり、流石にクリスタルカリバーンなんかは解像度の違いで画面が小さすぎるので、うまく表示出来ないかと解像度変更ソフトをインストールしてみては挙動が変なことに落胆してみたり、せっかくだからプレステ2のピンボールソフトの中古はどうかな、とアマゾンを眺めてみたり、まあ何やってるんだか、てな感じでピンボール憑いているんですが。

いつも思うのが、せっかくだからちゃんとしたコントローラーがないものか、と思うこと。

ピンボール専用のコントローラー、というのは10年ほど前に海外ガジェットとして出たり、MAME用のオールインワンコントローラの一部として出ていることはあった。今でもフランスのどこかを探せばピンボール用ボタンの付いているキーボードが売られたりしているらしい。ただ、どれもこれもちと微妙な気がした。

ピンボール用のコントローラーが家庭用ゲーム機にもないのはこれまた事実ではあり、まあ人によってはコントローラーを自作して適当なコントローラの端子に接続したりするのかもしれないけど、まあ既製品でないのはこれまたしょうがない。

と、思っていたら、いわゆるTVに直接接続して遊ぶ専用タイプのゲーム機の中に、ピンボールを扱ったものがあることに気がついた。それが「ちゃんぴょんピンボール」。

これのコントローラ部分を分解して適当なUSBキーボードの端子にでも接続すれば、ピンボール用のコントローラとして使えるんじゃないか、とふと思いついた。

とはいえ、アマゾンのマーケットプレイス価格で7000円前後、という価格はちと高い。まあシャレで使えない金額ではないけど、うまくいくか行かないか、という価格としてはなあ、と思っていたら、偶然にもYahoo!オークションで1000円台で出品されているのを見つけた。なんとなく箱に難があったようだが、そんなことはあまり関係なく即落札。それがこの間届いた。

せっかくなので試しに遊んでみると、1000円台のゲームとしてはまあ遊べるけど、流石に7000円だとギリギリ高めかもしれないなあ、なんて思わなくもない。でも、なんと台揺らし機能(実際にコントローラーを揺らすとナッジできる)も憑いていたりするので、ピンボールを親子2代で遊びたいお父さんが子供を教育するのに使ったらどうだろう。遊んでいてそういう発想しか浮かんで来なかったのはどうなのかなとも思わなくもないが、まあそれはそれ。せっかくなので、このピンボールゲームを攻略し終わってから、コントローラーのために改造チャレンジすることにします。

|

« 鮭のホイル焼。 | Main | 盛岡「盛岡東宝」で「銀色のシーズン」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/17738492

Listed below are links to weblogs that reference ちゃんぴょんピンボールに興味を持つ。:

« 鮭のホイル焼。 | Main | 盛岡「盛岡東宝」で「銀色のシーズン」 »