« 地球の歩き方DSの値段が本と対して違わないことに気がつく。 | Main | 奥中山高原スキー場が意外と良かった。 »

盛岡「中劇」で「チーム・バチスタの栄光」

いや、本が出ているのは知っていたけど、正直この作品、医療ものだと思ってましたよ。
いちおうミステリーに分類されてるそうじゃないですか。

「銀色のシーズン」で予告編を見て、なかなか面白そうだったので見ることにしました。今日、映画の日で1000円だし。

てなわけで、以下ネタバレを含みます。あと原作の小説はパラパラと立ち読みで読んだ程度だったり。


原作だと主人公は男なのだけど、これは女性を主役にして多分正解なのだと思う。阿部寛がやる厚生労働省の役人との対比として、竹内結子というのはそこそこのキャスティングじゃないかと。
物語の撮影の仕方が丁寧というかなんというかで、実は容疑者たるバチスタスタッフと竹内結子の個別対談を見ていれば逆に犯人が分かってしまう感じ。でも、そこで明かされる犯人は2番目に怪しい人だった。驚かせておいてもう一回犯人を出す、というのもなかなか。まあこの辺は原作通りなのかな?

うん、見ておいてよかったな、と思える作品だった。

ところで、今は中劇と東宝が1000円で見られる券が配られてるので、実は映画の日じゃなくても1000円で見られるんだった。忘れてたよ。

|

« 地球の歩き方DSの値段が本と対して違わないことに気がつく。 | Main | 奥中山高原スキー場が意外と良かった。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/40354046

Listed below are links to weblogs that reference 盛岡「中劇」で「チーム・バチスタの栄光」:

« 地球の歩き方DSの値段が本と対して違わないことに気がつく。 | Main | 奥中山高原スキー場が意外と良かった。 »