« 送別会。 | Main | また別の送別会。 »

機内映画を振り返ってみる。

行きに2本、帰りに1本の映画が上映されていたのが今回の機内。
どれもハリウッド映画で、考えてみたら日本で上映されていても見ないかもしれないラインナップだから、そう言う意味でここでチェックするのは珍しいことになるのかもしれない、と思った。

行きの1本目が「Music Within」。

とある事故で耳が不自由になった青年が、障害者雇用の法制化を目指して奮闘するという実話を元にした話らしい。なかなか面白い筋立てだったけど、こういう話でも、やっぱり肢体麻痺の人は「体は変だけど頭脳はずば抜けている」という形の表現でないと認めにくいのかな、と感じてしまった。これが単純に皮肉の読み間違いとかストーリーの把握抜けであることを祈りたい。

行きの2本目が「Enchanted」。邦題が「魔法にかけられて」。

おとぎ話のお姫様が現実のニューヨークで、というアイデアはなかなかかな、とは思うけど、機内映画のバージョンだと、お姫様がおとぎ話の歌のパワーでなんでもこなす割に、王子様がそういったものをうまく使えないのは、ストーリー的にはちとどうなんだろうと思わなくもない。ついでにとってつけたような八方収まる結末には、もう少し伏線が欲しかったような気もする。こちらも読み飛ばしのせいだと思いたいところ。ここまで字幕スーパー。

帰りの映画が吹き替えで、「Alvin And The Chipmunks」。

歌う3匹のシマリスが、売れないソングライターの所に居候した関係から芸能界デビューして、そのシマリスを引き抜きたいプロデューサーが悪役で、という、何かのパロディなんだろうな、と思えばなんとかなるかもしれない感じのストーリー。これに、ソングライターの近所に住んでいる元彼女が配役として、いる、とわかれば、まあなんとなくストーリーの想像がつくとは思うけど、だいたいその思った通りのストーリーで終わり。そういうもの、と割り切って見ればいいのかしら。

|

« 送別会。 | Main | また別の送別会。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/40512944

Listed below are links to weblogs that reference 機内映画を振り返ってみる。:

« 送別会。 | Main | また別の送別会。 »