« マンゴーヨーグルト | Main | 耶馬渓牧場の焼き肉。 »

盛岡「フォーラム」で「うた魂♪」

えー、合唱部をテーマにした青春映画です。
この辺の映画というのは安定したフォーマットになっている感があって、あとはどのスポーツ、クラブ活動を取り上げるか、というアイデアとリサーチがあれば完成してしまいそうな風潮を感じないでもありませんが、まあそれはそれ。

一応、この映画の脚本家さんは、この脚本で、函館の映画祭でシナリオ大賞を受賞したらしいそうで、そういう意味で企画ありきの映画ではないわけですが、まあ確かに合唱のあれやこれやに関する話というのはたぶん中学高校でみなそれなりには経験しているはずで、むしろ今までよく映画化されなかったな、というのが不思議なところ。

なお、元の題名は「あたしが産卵する日 -Salmon Girl-」というそうで。

主人公がソプラノのパートリーダーをやっている七浜高校合唱部は、全国大会の常連校で、でもって主人公は若干ナル入っている女の子。まあそうですよね。大抵の場合ソプラノってメロディラインやりますから、声さえ出てしまえば一番楽だし、そのまま独唱できちゃうし、てなわけで要らない発言をして他パートから要らない反感を買ったりするもんです。いえそんなエピソードが映画にあったわけではないですが、パンフレットにはそんな(他の人の)エピソードが紹介されていて、いずこも同じかと思ったりしつつ。

そんな彼女が好きだった男の子が本人の高揚感を絶望のどん底にたたき落とすわけです。その辺の理由はまあどこの映画感想にも書いてあるし上記の予告編にでも出てくるしで省略しますが、そこで主人公に渇を入れる、ゴリ率いる不良合唱団。尾崎豊を歌っていたストリートミュージシャンにあこがれて、尾崎豊だけを歌う、というコンセプトの合唱団。顔がいかつく、服装が前時代の不良っぽい割にマナーや喫煙に厳しい、というのが笑わせどころなのだとは思います。

ま、この映画はそのストリートミュージシャンで、七浜高校合唱部の臨時顧問であるところの薬師丸ひろ子が歌う「Oh my little girl」が聞けるだけで元は取れた感じ。いえ映画がダメなわけではないんです、ないどころか、きちんと作っている映画だと思うんですが、それが聞けるだけで十分なんです。

ダメなわけではない、という意味では主人公の祖父役の間寛平。本人は頑張っているのですけど役どころとして微妙な感じではありました。鮭の置物、確かにテーマを考えるとあったほうがいいんだとは思いますが。

|

« マンゴーヨーグルト | Main | 耶馬渓牧場の焼き肉。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/40876699

Listed below are links to weblogs that reference 盛岡「フォーラム」で「うた魂♪」:

« マンゴーヨーグルト | Main | 耶馬渓牧場の焼き肉。 »