« 魚彩市場で買わずに野菜を買って帰る。 | Main | 広告博物館にも行ってみた。 »

印刷博物館にも行ってみた。

で、またこの間の東京の話。
いろいろお勧めされたので、もうみんな見ていこうって感じで半ばやけになって、上野の一蘭でラーメン食った後に行ったのが、凸版印刷がメセナの一環でやってる「印刷博物館」。

せっかく割引券をプリントアウトして行ったのに、その割引券を忘れるというポカやっちゃったりしてるんですが。

印刷博物館は、凸版印刷の本社……ではなく、小石川のトッパンホールに併設されていて、最寄り駅は飯田橋、だったのだけど、これが少し歩く感じで。
たぶん、歩いた距離で言えば上野駅から東京芸術大学と大して変わらないような気もするんだけど、街中だしね。

ここで今やっていたのが、1950年代日本のグラフィックという展示会で。
この間、亀倉雄策の展示会を見に行った絡みと、まあこういう昔のデザインには興味がある関係から、見に行くのも面白いかな、とは思ったりして。

基本は商業デザインなので、広告とか、包み紙とか、本の装幀とか。そんな感じのものが。本の装幀を見ているうちに、そう言えばブルーナ展でも本の装幀を見たなあ、とか思い出したりして。複数の展示会に行く、というのにはこういう相乗効果があったりするのが面白いな、と思ったりした。

この展示会以外の常設展示は、1つの部屋で行われている。
1つの部屋と言っても部屋そのものがかなり(いや、本当に)でかいし、ビデオ上映や体験型の展示も多いしで、じっくり見たらとてもとても、という感はある。
素通りするのももったいなったけど、ここはざっくりと。今度、工房の体験と一緒に見てみたいところ。

この展示会の以前に行われていた、60年代のデザインに関する図録と、今回の図録、2冊を買った。これは読むのが楽しみだ。

|

« 魚彩市場で買わずに野菜を買って帰る。 | Main | 広告博物館にも行ってみた。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/41626262

Listed below are links to weblogs that reference 印刷博物館にも行ってみた。:

« 魚彩市場で買わずに野菜を買って帰る。 | Main | 広告博物館にも行ってみた。 »