« とうぎんお笑い寄席 | Main | 盛岡「フォーラム」で「僕らのミライへ逆回転」 »

白龍がいつの間にか21:00閉店になっていたので

落語の帰り。
飯食って帰ろうと思ったら、なぜか白龍が空いていた。

いや、毎日白龍に行く、じゃじゃフリークの人には当たり前の話かもしれない。
自分、この時間にここを通るのはかなり久しぶり、もしかしたら最後は10年前だったかもしれないところで、8時過ぎても「営業中」の札がかかっている白龍を見るだけでびっくり。
中を覗いて、営業中の札がかえし忘れでないことを聞いて、またびっくり。

夕食は白龍のじゃじゃ麺になりました。
あんまりびっくりしたので、夜の定番、餃子に瓶ビールを頼むのも忘れちゃいましたよ、はい。

|

« とうぎんお笑い寄席 | Main | 盛岡「フォーラム」で「僕らのミライへ逆回転」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/43466106

Listed below are links to weblogs that reference 白龍がいつの間にか21:00閉店になっていたので:

« とうぎんお笑い寄席 | Main | 盛岡「フォーラム」で「僕らのミライへ逆回転」 »