« 南イオンに行ったらすれ違い通信しまくる。 | Main | 自然食バイキングがすっかり「しゃぶしゃぶ食べ放題」になっていた。 »

「小三治」を見た。

東京ではずいぶん前にやったドキュメンタリー映画「小三治」の上映会があって。
まあ、なんとなく見ても良いかな、と思ったので前売り券買っていて。

でもって、今日がその上映会。

プロジェクターを客席の中央に置いて、それでもってビデオ上映。

落語家を追って1本映像を作る、となると、2年前に放送された「情熱大陸」での立川志の輔が思い出される。
あれはあれで30分、かなり興味深い内容だったし、どうしてもあれと比べてしまう。

あちらはナレーションあり。こちらはナレーションなし。
たぶん撮る前に何か質問していることもあるだろう感じはあるのだけど、その声もなし。

徹底して影に回った感じで、実際目立たないし、小三治も、いつもいる弟子もあまりカメラを意識していないように見える。
それが、三々の真打披露の際に集まった小三治門下の真打たちがどうしてもカメラを意識してしまう。
滅多に集まらない、ということだから、たぶん真打披露以外ではほとんどこの取材カメラと会うことはなかったのだろうと思う。
そのズレがドキュメンタリー映画としてちょっと興味深かった。

内容とは別に気になったのは、音声がどうにも左側からしか聞こえてこないこと。

別に音場がどうのこうのいう映画じゃないので、それで内容は把握できることは把握できるのだけど、どうにも舞台の袖で落語を見ている気分になってしまった。
あれ、もしかしてそういう演出意図だったのか?

|

« 南イオンに行ったらすれ違い通信しまくる。 | Main | 自然食バイキングがすっかり「しゃぶしゃぶ食べ放題」になっていた。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41298/45757687

Listed below are links to weblogs that reference 「小三治」を見た。:

« 南イオンに行ったらすれ違い通信しまくる。 | Main | 自然食バイキングがすっかり「しゃぶしゃぶ食べ放題」になっていた。 »